塾長日記

入試出題ミスについて、朝日新聞から取材を受けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、塾長の大久保です

先日、朝日新聞から「入試問題における出題ミス」についての取材を受けました。
かなり詳しい内容まで踏み込んでいろいろお話させていただきました。

 

人間がすることには、ミスがつきものです。

しかし、そのミスをできるだけ防ごうとする努力はできると思います。
その努力によって、初めの内部の段階で起こったミスを、外部に出る前に改善することができるものも中にはあると思います。
入試問題の出題ミスがまさにこれだと思います。

 

昨年の入試でミスをした大学は

「11回の問題チェックをしたが、気が付かなかった」

と発表しておりました。

では、チェックの回数を増やせばいいのでは?とニュースのコメンテーターは言ってましたが、僕はそうは思いません。
たとえ、20回、30回しても、気が付かなかったのだと思います。
この問題の原因は、チェックの回数ではないと思います。

問題をチェックするのは大切なことだと思いますが、チェックをする側、管理をする側の意識の低さ、緊張感のなさ、これに問題があると思うのです。

確かに、大学の先生は、入試が本職ではないのは承知しております。
特に、国立大学の独立行政法人化以降、予算が削られ、十分な人員の確保が困難になり、しかし、業務量は変わらないことから、先生方の仕事は増えるわけで、いろいろご事情があるのだと思います。

ですが、受験生たちは、人生をかけて試験にのぞんでいます。
その受験生の保護者、ご家族の皆さんは、その受験生を心から応援しています。

その受験生たちが、力を十分発揮できる環境を整えて欲しいのです。
彼らが努力して培った力を、十分に発揮できる試験にしてほしいのです。

 

大学は、出題ミスが見つかったら
「その問題は、全員正解にします。」
と発表します。

それはまるで、「ミスはあったけど、皆に点数を与えるから不平等ではないからね」と言ってるように聞こえますが、本当にそうでしょうか。

今回、僕が大学にミスを指摘した問題は、問題ミスでなく解答欄にミスがあり指定されたために、数字が入りませんでした。

受験生の中で、(出題ミスがないとしての問題で)正解を出した受験生は、困惑したに違いがありません。
きっと、「あれ、私、何か計算ミスでもしたのかな」と思ったことでしょう。
計算の確認にどれだけの時間を費やしたでしょう。

でも、その問題をはじめから「解けないからスルーしよう」と考えた受験生もきっといたと思いますが、大学が行った「全員正解」にした場合、この両者は、本当に不平等がないと言い切れるでしょうか。

 

計算ミスを見直した時間、それが仮に5分だったとしてもその5分は返してもらえません。

ぼくは、その5分が、受験生にとってどれだけ大事かを考えると

「その問題は、全員正解にします。」

に、強い違和感を覚えてしまいます。

「全員を正解にする」という対処は本当に正しいのでしょうか。

しかし、全員正解にするしか、対処がないのもわかります。

だからこそ、出題ミスをなくして欲しいのです。
生徒が、人生をかけて努力してきたその全てを発揮できる場が入試であってほしいと切に願います。

取材を受けたその内容は、2月20日の朝日新聞(東日本版)の朝刊の社会面に掲載されております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加