塾長

生きる力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

塾長の大久保です

 

 

 

今日は北千里校で
13時間授業でした

 

 

疲れました

 

 

 

最後の
20時から22時の枠の生徒が
高校2年生の女子高生だったんですが

 

とある質問をされました

 

 

 

「先生って
めっちゃ忙しいのに
元気じゃないですか~笑
どうやって
モチベーションを保ってるんですか?」

 

 

大人にされる質問です笑

 

 

この高校2年生の生徒ですが
この子
自分の人生にちゃんと
向き合ってるいい子なんですよね

 

 

 

「俺も、数学教えたくない日もあるで笑?

 

今日は、数学おしえたないわ~、みたいな笑

 

人が一番、
力が出るのって
どんなときやと思う?

 

それはな、「貢献」してる時やねん
自分の力が
誰かのためになってるって
わかったときやねん

 

 

ちゃう人もおるけど
少なくとも俺はそう

 

 

 

俺が自分で努力して
得た数学の知識や
俺なりの教え方で
生徒が夢を叶えていくって考えたら
めっちゃ嬉しいねん

 

しんどくても
「さ!授業しよか!」ってなるねん笑」

 

 

じゃあ、、
今の私の勉強は
どうやって考えたらいいんですか?

 

 

「それはな、
大学受験をめっちゃ努力して
合格したらな
合格したときに得られるものがあんねん

 

大学の「合格」と
自分はできるって思える「心」やねん
それを、「自信」ってゆうねん

 

 

この先な
人生で乗り越えないとあかんことが
出てくるねんけど
それを乗り越えるためにはな
数学がいくらできてもあかんねん

 

 

 

合格したそのときに得られる
「自信」が一番必要やねん

 

 

 

だから
勉強じゃなくてもええねんで?
なんでもいいねん

 

 

 

とにかく
めっちゃしんどい思いをして
成功するってことが大事やねん

 

 

 

その「自信」を得るために
今勉強をしてると思えばいい

 

 

 

でな、
一つでも夢を叶えたやつはな
努力する価値がわかるし
苦しんでも成功するって思えるから
壁があらわれてもな
「よし!のりこえたる!」
って思えんねん

 

 

 

その「強さ」も人生には必要やねん

 

 

 

その
「自信」と「強さ」を
手に入れるために
今、しんどい思いをしてるんやと
思えばいいねん

 

 

 

 

もちろん
勉強の内容を知っていることも
人としての素養として
無駄じゃないから
価値あるけどな」

 

 

 

 

そんな話をしていました

 

 

 

 

高校生は、もうわかります
こういう話

 

 

 

 

この子は
今、人生のいい“もがき”をしています
素晴らしいのです

 

 

 

 

だからこそ
努力することの大切さ
とことん努力して成功することの価値を
体感して欲しいのです

 

 

 

 

それこそが
子供たちの
「生きる強さ」に
なるのだと
僕は思います

 

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加